アルバイト

アルバイトの接客のコツ5つ!

【自分もお客さんも疲れない】アルバイトの接客のコツ5つ!
悩めるあなた
悩めるあなた
アルバイトの接客のコツが知りたい人「アルバイトで、なんか接客がうまくいかない…。アルバイトの接客のコツを教えてください!」

こういった悩みに答えます。

✔️本記事の内容

  • 【自分もお客さんも疲れない】アルバイトの接客のコツ5つ!
  • お客さんに理不尽に怒られた時の対処法

この記事を書いている私は、天下のコンビニ「セブンイレブン」で4ヶ月のバイト経験があります。そこで培った接客のコツを解説します。

※3分ほどで読み終わります。3分後には、今よりも「アルバイトの接客のコツ」がわかるはずです。

【自分もお客さんも疲れない】アルバイトの接客のコツ5つ!

【自分もお客さんも疲れない】アルバイトの接客のコツ5つ!

アルバイトの接客のコツは、下記の5つです。

  • コツ①:笑顔
  • コツ②:声は大きくハキハキと
  • コツ③:優しくお客さんに寄り添う
  • コツ④:敬語はしっかりと(タメ口はダメ)
  • コツ⑤:お客さんが望んでいることを考える

上記の感じです。順番に解説していきます。

コツ①:笑顔

接客業のコツは、笑顔です。

笑顔がいい理由は下記の2つです。

理由①:真顔より笑顔のほうがお客さんに、いい印象を与えることができる

理由②:笑顔を作ることで、自分も嫌なことを忘れて楽しくなる

具体的には、「いらっしゃいませ〜」や返事、「ありがとうございました」を笑顔で言います。

笑顔で接客することは、お客さんにも自分にもいいです。

常に笑顔を心がけましょう。

なので、接客業のコツは、笑顔です。

コツ②:声は大きくハキハキと

接客業のコツは、声は大きくハキハキとです。

声は大きくハキハキと話すのがいい理由は、下記の2つです。

  • 理由①:お客さんにストレスを与えない
  • 理由②:自分もしゃっきりする

店員さんの声が小さくて、もごもごしていると、聞き取れなかったり、聞き取りづらくて、お客さんにストレスを与えてしまいます。

なので、声は大きくハキハキと話します。

特に、お年寄りの方には、より聞き取りやすく話すことです。

また、大きい声でハキハキ話すことで、自分もしゃっきりします。

声は大きくハキハキと話すことで、お客さんにも自分にもいいです。

なので、接客業のコツは、声は大きくハキハキとです。

コツ③:優しくお客さんに寄り添う

接客業のコツは、優しくお客さんに寄り添うことです。

理由は、優しくお客さんに寄り添うという心持ちがあれば、いい接客ができるからです。

また、自分も優しい気持ちで働くことができます。

具体的には、お客さんに優しく寄り添うことで「えっこんなこともわからないの?」とか「めんどくさいなあ」とか「今忙しいのに」と思わず、お客さんを助けてあげることができます。

お客さんに優しく寄り添うことで、お客さんから「ありがとう」と感謝されることもあるかもしれません。

なので、接客業のコツは、優しくお客さんに寄り添うことです。

コツ④:敬語はしっかりと(タメ語はダメ)

接客業のコツは、敬語でしっかりと話すことです。タメ語はダメです。

タメ語で話すとお客さんは、なめられてるのかと思ってしまいます。

具体的には、子供と話す時も、お年寄りと話す時も、何も知識がない人と話す時も、すべて敬語で統一すべきです。

なので、接客業のコツは、敬語でしっかりと話すことです。タメ語はダメです。

コツ⑤:お客さんが望んでいることを考える

接客業のコツは、お客さんが望んでいることを考えることです。

お客さんが望んでいることを考えることで、より良い接客ができます。

商品を並べている時に、自分がいるところの棚を見たそうなお客さんがいるなってことに気づいて、自然とどいたり、

混んできたから、お客さんを待たせないようにレジをなるべく早く終わらせようなど、意識を変えるだけで、接客は変わってきます。

なので、接客業のコツは、お客さんが望んでいることを考えることです。

まとめ

アルバイトの接客のコツ5つをまとめると、下記の通りです。

  • コツ①:笑顔
  • コツ②:声は大きくハキハキと
  • コツ③:優しくお客さんに寄り添う
  • コツ④:敬語はしっかりと(タメ口はダメ)
  • コツ⑤:お客さんが望んでいることを考える

究極は、店長だったらどうするか、経営者だったらどうするか、売り上げを伸ばすにはどうすればいいのか、日本1の店にしたい!など、大きな視点を持って、アルバイトしてみるのも勉強になります。

お客さんに理不尽に怒られた時の対処法

お客さんに理不尽に怒られた時の対処法

接客業をしている人なら、理不尽に怒られる経験が必ずあるはずです。

お客さんに理不尽に怒られた時の対処法は、自分が悪くなくても謝ること(申し訳なそうな感じを出して謝ればいい)です。

そして、怒られたことを真に受けないで流すこと・気にしないことです。

自分のためになることなら、1回飲み込んで改善すればいいですが、そうでないのなら、受け流しましょう。

というわけで今回は以上となります。

本記事に納得していただけたら、ぜひ「【学生向け】バイトを辞めるのにおすすめの理由!」もセットでご覧ください。

大学生がバイトを辞めるのにおすすめの理由を紹介する

【個人で稼げる】大学生におすすめの副業3選!【フリーランスも夢じゃない】