ブログ

ブログの執筆時間を短くする3つの方法

ブログの執筆時間を短くする3つの方法
悩めるあなた
悩めるあなた
ブログを早く書けるようになりたい人「ブログを書くのに時間がかかりすぎる…。すごい人たちはもっと短い時間で記事を書いているみたいだ。どうやったら記事を書く時間を短くできますか?」

こういった疑問に答えます。

✔️本記事の内容

  • ブログの執筆時間を短くする3つの方法
  • がむしゃらに量をこなす

この記事を書いている私は、最初は、「3日で1記事完成する」くらい記事を書くのが遅かったですが、今では「1日最高7記事」書けるまでに記事を書く時間が短くなりました。

※3分ほどで記事は読み終わりますが、3分後には「今よりもブログを書く時間を短くする方法」がわかるはずです。

ブログの執筆時間を短くする3つの方法

ブログの執筆時間を短くする3つの方法

ブログの執筆時間を短くする方法は、下記の3つです。

  • 方法①:自分が体験したことを記事にする
  • 方法②:5割の出来でも許す
  • 方法③:ブログネタは常に考えておく

上記の感じです。順番に解説していきます。

方法①:自分が体験したことを記事にする

ブログの執筆時間を短くする方法は、「自分が体験したことを記事にする」ことです。

「自分が体験したことを記事にする」理由は「自分が体験したこと」なので、調べる必要がないからです。

調べないと書けなかったり、自分があまり知らないことを書くのは、時間がかかります。

自分は、記事にできるような体験は何もしていないという意見もあると思います。

しかし、誰でも、何かを経験したことがあるはずです。自分の経験を、「誰かの悩みの解決策」になるように記事を書きます。

なので、ブログの執筆時間を短くする方法は、「自分が体験したことを記事にする」ことです。

方法②:5割の出来でも許す

ブログの執筆時間を短くする方法は、「5割の出来でも許す」ことです。

理由は、「完璧」を目指そうとすると、時間がかかるので、「5割の出来」でも量をこなすほうが早く成長するし、ブログの執筆時間も短くなります。

あと、「今の完璧」は、+200記事書いたあとにリライトすると、「2割くらいの出来」でしかなかったりします。

なので、「今の完璧」を目指すより、5割の出来でも量をこなすほうが早く成長するし、ブログの執筆時間も短くなります。

具体的な「5割の出来でも許す」記事の書き方は、下記の3つです。

  • 記事を書いたあとに、読み返さないこと
  • 書き直さないこと
  • どっちの言い方がいいか迷わないこと

上記の3つを叶えるポイントは「自分の考えを自分の言葉で書くこと」です。

なので、ブログの執筆時間を短くする方法は「5割の出来でも許す」ことです。

方法③:ブログネタは常に考えておく

ブログの執筆時間を短くする方法は、「ブログネタは常に考えておく」ことです。

記事を書こうと思った時に、ブログネタが無いと書き始めるのに時間がかかってしまいます。

ブログネタは、そんなすぐに思い浮かばない時もあるので、常に考えておいてネタをストックしておくことです。

ブログネタをメモすると時のポイントは、構成も一緒に書いておくことです。

私がこの記事を書く時のメモは、下記の感じです。

ブログの執筆時間を短くする方法

・自分が体験したことを記事にする

理由:調べる時間がないから

・5割でも許す

・ネタは常に考えておく

記事の構成も書いておくことで、早く書くことができます。

なので、ブログの執筆時間を短くする方法は「ブログネタは常に考えておく」ことです。

がむしゃらに量をこなす

がむしゃらに量をこなす

ブログで稼ぎたいと思っている人が多いと思います。

そのためには、本気でやるしかないです。

ブログの執筆時間を短くする方法をまとめると下記の通りです。

  • 方法①:自分が体験したことを記事にする
  • 方法②:5割の出来でも許す
  • 方法③:ブログネタは常に考えておく

ブログの執筆時間を短くして、本気で量をこなして、稼げるようになるためにぜひ参考にしてみてください。

というわけで今回は以上となります。

本記事に納得していただけたら、ぜひ「ブロガーはとにかく記事を書かないと成長しない!」もセットでご覧ください。