大学生

【実体験】大学生がサークルに入らないメリットとデメリットを解説

【時間の無駄】部活をやめたいなら今すぐやめるべき理由3つ!

新入生「大学生はサークルに入らないと友達ができないの?サークルに入らないと就職で不利なの?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 大学生でサークルに入っていない人の割合は約5割
  • 【実体験】大学生はサークルに入らないでも友達はできる
  • 大学生はサークルに入らなくても就職は問題なし【ブログを頑張るべき】
  • 【実体験】大学生がサークルに入らないメリット2選

この記事を書いている私は、現在大学3年生でサークルに入りませんでしたが、入らなくて本当に良かったと思っています。

※3分ほどで記事は読み終わります。3分後には、「大学のサークルに入らないメリットとサークルに入らないでできた時間で何をすべきなのか」がわかります。

大学生でサークルに入っていない人の割合は約5割

大学生でサークルに入っていない人の割合は約5割

まず、大学生でサークルに入っていない人の割合は約5割です。

ベネッセが4070人の大学生にサークルや部活動への参加状況を調査した結果は以下の通りです。

  • 「参加している」49.0%
  • 「以前は参加していたが辞めた」22.5%
  • 「参加していない」28.5%

出典:ベネッセ

約3人に1人は、最初からサークルに入っていなくて、入ったが途中で辞めた人を合わせると、大学生でサークルに入っていない人は51%です。

大学生の2人に1人は、サークルに入っていません。
想像よりサークルに入っていない人が多いんじゃないでしょうか。

大学生ならサークルに入って当たり前というわけではありません。

なので、大学生でサークルに入っていない人の割合は約5割です。

【実体験】大学生はサークルに入らないでも友達はできる

【実体験】大学生はサークルに入らないでも友達はできる

私の実体験から、大学生はサークルに入らなくても友達はできます。

理由は下記の3つです。

  • 理由①:サークルが同じ人同士、全ての授業がかぶるわけではない
  • 理由②:サークルに入っていない同士で友達になれる
  • 理由③;2人に1人はサークルに入っていないから

理由①:サークルが同じ人同士、全ての授業がかぶるわけではない

大学生がサークルに入らなくても友達ができる理由は、サークルが同じ人同士、全ての授業がかぶるわけではないからです。

大きなサークルに入っている人でも、「この授業には同じサークルの子はいない。」ということがよくあります。

なので、全ての授業で同じサークルの子で固まっていて友達ができないということはありません。

違うサークルの人やサークルに入っていない人、ごちゃ混ぜで友達になります。

なので、サークルが同じ人同士、全ての授業がかぶるわけではないから、友達は普通に出来ます。

理由②:サークルに入っていない同士で友達になれる

大学生がサークルに入らなくても友達ができる理由は、サークルに入っていない同士で友達になれるからです。

サークルに入っている子とは、忙しさや住んでる世界が違くて、話が合わなかったりしますが、その点、サークルに入っていない同士は会話が合います。

なので、サークルに入っていない同士で友達になれます。

理由③:2人に1人はサークルに入っていないから

大学生がサークルに入らなくても友達ができる理由は、2人に1人はサークルに入っていないからです。

サークルに入らないと友達が出来ないなら、大学生の半分は友達がいないことになります。

サークルが活発な大学でも3人に1人、4人に1人は、サークルに入っていないはずです。

なので、2人に1人はサークルに入っていないから友達はできます。

大学生はサークルに入らなくても就職は問題なし【ブログを頑張るべき】

大学生はサークルに入らなくても就職は問題なし【副業を頑張るべき】

大学生はサークルに入らなくても就職は問題なしです。

理由は、就活では、「自分がその企業に入ったら、その企業にどんなメリットを与えられるのか」をアピールするからです。

サークルに入らないのなら、他の何かを大学在学中に頑張ればOKです。

特におすすめなのは、個人で稼いで実績を作ることです。

大学生は個人で稼いで実績を作るべき

大学生は、アルバイトではなく、個人で稼いで実績を作るべきです。

例えば、ブログやユーチューブ、他にも色々な個人でできる副業があります。

大学在学中に副業で正社員以上稼げるようになったら、新卒フリーランスになることもできるし、個人で稼ぐスキルを身につければ就職活動で他と差別化できる武器になります。

アルバイトの時間で必ず出る給料と違って、自分の力だけで1円を稼ぎ出すのはすごく難しいですよ。思考停止しているアルバイト勢や正社員になるな。あなたは挑戦すべきです。

なので、大学生は、アルバイトではなく、個人で稼いで実績を作るべきです。

大学生はブログをやるのがおすすめ

特に初期投資がほとんどかからないブログがおすすめです。
私もやっています。

ブログでは下記のようなスキルを身につけることができます。

  • 文章力
  • マーケティング力
  • WEB集客の技術

上記を身につければ、月7桁だって稼げるし、自由に生きることが可能です。

なので、大学生はサークルに入らず、ブログで稼ぐ力を身につけるべきです。

【実体験】大学生がサークルに入らないメリット2選

【実体験】大学生がサークルに入らないメリット2選

私がサークルに入らないで感じたメリットは下記の2つです。

  • メリット①:自由な時間が多い
  • メリット②:サークルのめんどくさい人間関係がない

メリット①:自由な時間が多い

大学生がサークルに入らないメリットは、自由な時間が多いことです。

サークルに入っていない分、自由な時間ができるので、下記のことができます。

  • 十分な睡眠時間の確保
  • 睡眠が足りているので授業にもしっかり出れる
  • テスト勉強の時間の確保
  • 本を読む時間の確保
  • 副業の時間の確保
  • 精神の安定

特に、副業を頑張るべきです。

なので、大学生がサークルに入らないメリットは、自由な時間が多いことです。

メリット②:サークルのめんどくさい人間関係がない

大学生がサークルに入らないメリットは、サークルのめんどくさい人間関係がないことです。

サークルの人間関係が合わなかったら、大学に授業を受けに行くこと自体が辛くなり、卒業が危うくなったり、何かを頑張ることができなくなっていまします。

人間関係に縛られないのは、すごく楽です。

なので、大学生がサークルに入らないメリットは、サークルのめんどくさい人間関係がないことです。

【まとめ】大学生がサークルに入らないメリットとデメリット

まとめ

大学生がサークルに入らないメリットをまとめると、下記の通りです。

  • メリット①:自由な時間が多い
  • メリット②:サークルのめんどくさい人間関係がない

そして、大学生はサークルに入らず、ブログで稼ぐ力を身につけるべきという話でした。

ブロガーになれば、新卒フリーランスになることやパソコン1台で旅をしながらどこでも仕事をすることができます。