大学受験

【失敗談】大学受験は塾選びが合否を分ける

【高校生向け】大学受験の塾選びが合否を分ける【失敗談つき】

大学受験生「大学受験の塾、どこにしたらいいのかな?おすすめは?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 大学受験の塾は大手を選ぶべき
  • 大学受験 おすすめの塾
  • 大学受験の塾 いつから通う?

この記事を書いてる私は、現在大学3年生です。大学受験で様々な失敗をしたので、同じような失敗をしてしまう人が少しでも減るように記事にします。

※3分ほどで記事は読み終わります。3分後には、「大学受験の塾はどこに通うべきか・いつから通うべきか」がわかります。

大学受験の塾は大手を選ぶべき

大学受験の塾選びは大手を選ぶべき

大学受験の塾選びは、大手を選ぶべきです。

理由は、大手なのは、きちんとした合格実績があるからです。合格する人が少ない塾が、最大手でいられるわけがありません。

私は、大学受験のとき、大手じゃない塾に入ってしまい、ずっと勉強方法もよくわからないまま、第一志望校に落ち、滑り止めの大学に行くことになりました。

それは私に問題があったのでは?という意見もあると思いますが、大手じゃない塾に入ると勉強方法もよくわからず、塾の勉強方法に違和感を持ち、大手に入って勉強して偏差値が上がっていく友達を羨ましく思いながら受験勉強をすることになります。

なので、大学受験の塾選びは、大手を選ぶべきです。

大学受験 おすすめの塾

大学受験 おすすめの塾

大学受験のおすすめの塾は、下記の2つです。

  • 東進ハイスクール
  • 河合塾マナビス

理由は、大学受験の塾ならこの2つが最大手だし、どちらも映像授業で自分のペースで学ぶ速度を変えられるのが魅力的です。

具体的には、映像授業なら歴代の先輩方もこれで合格してきたということですから、信じて勉強することができます。

なので、大学受験のおすすめの塾は、東進ハイスクール・河合塾マナビスの2つです。

大学受験の塾 いつから通う?

大学受験の塾 いつから通う

大学受験の塾には、早く入るべきです。

理由は下記の2つです。

  • 理由①:高3の夏からじゃ間に合わない
  • 理由②:塾に入れなくなる

理由①:高3の夏からじゃ間に合わない

大学受験の塾に早く入るべきなのは、高3の夏からじゃ間に合わないからです。

理由は、大学受験で覚えることは、高校受験で覚えることよりはるかに多いからです。

具体的には、私は高校受験のとき部活が終わったあとの中3の8月に塾に入って全然間に合いましたが、その感覚で大学受験の塾も高3の8月に入ったら全然間に合いませんでした。

なので、大学受験の塾に早く入るべきなのは、高3の夏からじゃ間に合わないからです。

理由②:塾に入れなくなる

大学受験の塾に早く入るべきなのは、塾に入れなくなるからです。

理由は、塾の募集が締め切られてしまうからです。

具体的には、私は高3の7月の終わりに河合塾マナビスに体験の電話をしましたが、もう募集は締め切っているとのことで、入ることができず大手ではない塾に入ることになりました。

やはり高3の8月くらいから受験勉強を始めた人を合格させるのは難しいということじゃないでしょうか。

なので、大学受験の塾に早く入るべきなのは、塾に入れなくなるからです。

大学受験の塾には明日入るべき

大学受験の塾には、早く入るべき理由をまとめると下記の2つです。

  • 理由①:高3の夏からじゃ間に合わない
  • 理由②:塾に入れなくなる

今あなたが高1だったとしても高2だったとしても高3だったとしても、大学受験の塾には明日から入るべきです。

【まとめ】受験勉強、応援しています

【まとめ】受験勉強、応援しています

大学受験の塾は大手(東進ハイスクール・河合塾マナビス)を選ぶべきだし、大学受験の塾には明日から入るべきです。

もし高校生の私が、早く塾に入ってマナビスで勉強していたら、「今の私とは、違う私がいたのかな。」と、ふと、思います。自信を持って、自分の大学名を言っているのかなあって思います。

なので、大学受験の塾は大手(東進ハイスクール・河合塾マナビス)を選ぶべきだし、大学受験の塾には明日から入るべきです。

この記事を見てくれた方が1人でも多く第一志望校に合格することを願っています。