おすすめの本

人生を変えたい大学生は読書をすべき3つの理由

【激選】私の人生を変えた本ランキングベスト7
黒ネコ
黒ネコ
「大学生って読書したほうがいいの?大学生が読書するメリットは?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 大学生の平均読書量を調べてみた
  • 【実体験】大学生は読書をすべき3つの理由
  • 【激選】大学生におすすめな本を1冊紹介する

私は高校生の時はまったく本を読みませんでした。

大学生の今は、97冊を読了済みです。

※3分ほどで読み終わります。3分後には、大学生が読書すると人生が変わることがわかるはずです。

大学生の平均読書量を調べてみた

大学生の平均読書量を調べてみた(出典:第54回学生生活実態調査の概要報告

1日の読書量が0分の大学生が48%

半数近くの大学生は、読書時間が0分ということがわかりました。

つまり、半数近くの大学生はまったく本を読んでいないということです。

私も大学1年生の時は、まったく本を読んでいなかったので、読書時間は0分でした。

つまり、毎日読書を1分するだけ上位半分になるということです。

次に、大学生が読書をするメリットを解説します。

【実体験】大学生は読書をすべき3つの理由

【実体験】大学生は読書をすべき3つの理由

私は大学2年生の時から読書をするようになって、人生が大きく変わりました。

大学生は読書をすべき3つの理由は下記の通りです。

  • 大学生は読書をすべき理由①:人生の選択肢が増える
  • 大学生は読書をすべき理由②:成功者の生き方が知れる
  • 大学生は読書をすべき理由③:お金に関する知識が学べる

順番に解説します。

大学生は読書をすべき理由①:人生の選択肢が増える

大学生は読書をすべき理由の1つ目は、人生の選択肢が増えるからです。

人は自分が知らない生き方をすることはできません。

本を読むと、知らなかったことがたくさん知れるので、人生の選択肢が増えます。

例えば、私は本を読んで下記のように変わりました。

私が本を読む前:大学を出たら大企業に入って定年まで働くという生き方しか知らなかった

本を読んだ後の私:フリーランスという生き方があることを知る

他にも本を読むようになって知った人生の選択肢には下記のようなものがあります。

投資家、起業して節税、ホテル暮らし(家事をやらなくてOK)、様々な副業、資産を増やして働かなくてもお金が入ってくるようにする方法 など

私は大学生の時に本を読まなかったら、普通に企業に入って嫌々定年まで働くつまらない人生だったと思います。

しかし、本を読むようになって、自分が知らなかった生き方があることを知ったので、たくさんの選択肢の中から選ぶことができるようになりました。

本を読まない人は人生の選択肢が少ないです。

なので、大学生は読書をすべき理由の1つ目は、人生の選択肢が増えるからです。

次に2つ目を解説します。

大学生は読書をすべき理由②:成功者の生き方が知れる

大学生は読書をすべき理由の2つ目は、成功者の生き方が知れることです。

本を書く人は、社会的に成功している人なので、何冊も読むといろいろな成功者の生き方を知ることができます。

私が本を読み始めた時に驚いたのは、本には世間の人が言うことと真逆のことが書かれていることです。

例えば、下記の通りです。

世間の人:相手のことを考えて行動しなさい

成功者:自分ファーストで生きなさい

世間の人:失敗は悪いことだ

成功者:どんどん挑戦してどんどん失敗しろ

世間の人:リスクには飛び込まないように

成功者:リスクにあえて飛び込め

私は、世間一般的に信じられている生き方ではなく、本に書いてある成功者の生き方をするようにしたら、自分の人生を生きられるようになりました。

また、本にはすごい破天荒な生き方をしてる人がいて、私が今躊躇していることなんて、なんてスケールが小さいんだと、自分のストッパーが外れていろいろなことに挑戦できるようになりました。

なので、大学生は読書をすべき理由の2つ目は、成功者の生き方が知れることです。

次に3つ目を解説します。

大学生は読書をすべき理由③:お金に関する知識が学べる

大学生は読書をすべき理由の3つ目は、お金に関する知識が学べるからです。

小学校・中学校・高校・大学と、学校ではお金に関する知識は学びません。

なので、お金持ちになりたかったら、自分で勉強する必要があります。

お金に関する本を読むと、お金持ちになる方法がわかるはずです。

私はお金に関する本を読むようになって、お金持ちになる方法がわかりました。

お金に関する本を読んでいない人は、どうやったらお金持ちになれるのかわからないはずです。

お金に関する本を何冊か読んで私が確信したのは「お金持ちと貧乏人の違いはお金持ちになる方法を知っているか知らないか」だと確信しました。

なので、大学生は読書をすべき理由の3つ目は、お金に関する知識が学べるからです。

【激選】大学生におすすめな本を1冊紹介する

【激選】大学生におすすめな本を1冊紹介する

私は、大学2年生になってから、1年間で97冊(約14万円分)を読了しました。

その中で最も私の人生を変えた大学生におすすめの1冊を紹介します。

『金持ち父さん貧乏父さん』

大学生におすすめなベスト1冊は『金持ち父さん貧乏父さん』です。

値段は1600円+税です。

この本の内容は下記の通りです。

  • お金持ちと貧乏人の働き方の違い
  • お金持ちと貧乏人のお金の使い方の違い

この本を読むと具体的に、お金持ちになる方法がわかるはずです。

以上です。

【激選】私の人生を変えた本ランキングベスト7
【激選】私の人生を変えた本ランキングベスト7 こういった願いに応えます。 本記事の内容 【激選】私の人生を変えた本ランキングベスト7 本を読んで人生...