雑記

自分に自信を持つ方法!

自分に自信をつける2つの方法!

自分に自信をつける方法は下記の2つです。

  • 方法①:行動して小さな成功体験を積み重ねる
  • 方法②:人と比べない

自分に自信があると今の人生が変わります。

この記事では、

「自分に自信を持ちたい。」

「自分に自信をつける方法を知りたい。」

こういった悩みに答えます。

自信がないのはいいことなのか?悪いことなのか?

自分に自信がなかったら・・・

  • 行動できない
  • 挑戦できない
  • 生き辛い

逆に自分に自信があったら・・・

  • 行動できる
  • 挑戦できる
  • 人生も変わる

自信をつける方法を調べているということは、

今の人生を変えたいと思っていることなので

自信をつけた方がいいです。

自信がないとどうなるのか?自信があると人生どうなるのか?

自分に自信がないと下記のようになります。

  • 自分で選択することを放棄して、他人の意見に従う
  • 他人の評価を必要とする
  • 行動を起こせない
  • 挑戦できない

自分で行動しないと今の現実は何も変わりません。

逆に自分に自信があると人生は下記のようになります。

  • 自分で選択する
  • 行動したり挑戦して人生が変わる
  • 自分を信じれる
  • 自分の味方でいられる

自信がある人は嫌味に見えないか?自信がある人の方がいい印象なのか?

自信がある人は嫌味に見えない

自信がある人は、天狗(てんぐ)に見えて

嫌味に見えるんじゃないかというのが

自信をもてないメンタルブロック(壁)

になってる人も中にはいると思います。

しかし、私たちが嫌味に感じる自信がありそうな人は、

本当は自信がない人です。

本当に自信がある人は

自信がない人がする下記のようなことをしません。

  • 成果を自慢する
  • 人に評価してもらう

なので、自信がある人は天狗に見えないので

安心して自信を持ちましょう。

自信がある人の方がいい印象

自信がない人は、行動しないので下記のような印象です。

  • 無味無臭
  • つまらなそう

逆に自信がある人は、

行動・挑戦するので下記のような印象です。

  • 一緒にいたら面白そう
  • 話を聞きたい

自信がある人の方がいい印象です。

自分に自信をつける2つの方法

自分に自信をつける方法は下記の2つです。

  • 方法①:行動して小さな成功体験を積み重ねる
  • 方法②:人と比べない

方法①:行動して小さな成功体験を積み重ねる

行動して小さな成功体験を積み重ねることでしか

人は自分に自信が持てないのです。

実際に、”行動すること”で自信がもてるようになります。

8割の人が実際には行動しないと言われています。

よく勘違いしてしまう”行動”は

本やネットで知識を得ることは、”行動”に入りません。

実際に手と足を使ってやってみることが”行動”です。

泳ぎ方をネットで調べるのはこれぐらいにして

まずは、プールに入ってみることです。

小さなことでいいから「えいっ」っと行動しよう。

失敗を恐れずフライングスタート

頭で考えると

失敗したらどうしようって行動できないので

考える前にやってみることが大事です。

フライングスタートで大丈夫です。

自信がもてないのは行動しないから!?

自信がないから行動できないんじゃなくて

行動しないから自信がなくなっていったんです。

「鳥が先か、卵が先か」の話です。

なので、自信を持つために行動しよう。

方法②:人と比べない

人と比べて自分を評価するんじゃなくて

自分で自分を評価します。

人と比べていたら一生幸せになれません。

自分の上には上がいるし

下には下がいるので

人と比べても終わりがなく、意味がありません。

比べるなら下記のような過去の自分と比べます。

  • 昨日の自分
  • 半年前の自分
  • 1年前の自分
  • 10年前の自分

過去の自分と比べて何ができるようになったのかで

自分を評価します。

自分で自分を評価する

自分に自信がないと

自分の結果を他人に評価してもらいたくなります。

しかし、他人からの評価は気にせず

自分で自分を評価することが大切です。

行動することでしか人生は変えられない

自分に自信をつける2つの方法をまとめると

下記の通りです。

  • 方法①:行動して小さな成功体験を積み重ねる
  • 方法②:人と比べない

行動することでしか人生は変えられません。

人間の行動は、下記の3段階です。

知る→理解する→行動する

人生が変えられる人と変えられない人の違いは、

本やネットで知識を得たあとに(知る→理解する)

”行動する”か”しない”にあります。

この記事を閉じたあとに、実際に”行動する”か”しない”か。

たったこれだけです。