人生

【遅刻ぐせの直った私が】早寝早起きのコツを解説する!

【遅刻ぐせの直った私が】早寝早起きのコツを解説する!

「早寝早起きのコツを知りたい!朝は苦手じゃ!」

こういった悩みに答えます。

本記事の内容

  • 早寝のコツ4つ
  • 早起きのコツ3つ
  • 睡眠の質を上げる方法4つ

この記事を書いている私は、過去は遅寝遅起きで遅刻ばかりでしたが、現在は朝活をするほど早く起きられるようになりました。

※3分ほどで記事は読み終わります。3分後には、「早寝早起きのコツ」がわかるはずです。

早寝のコツ4つ

早寝のコツ4つ

まずは、早寝早起きの、早く寝る方のコツを解説します。

早寝のコツ①:今日のタスクを早く終わらせる

早寝のコツの1つ目は、今日のタスク(やるべきこと)を早く終わらせることことです。

理由は、今日のタスクが終わってないと寝るのが遅くなるからです。

具体的には、お風呂とかブログ書くとかご飯とか今日やらないといけないことをできるだけ早く終わらせて夜は自由時間にすることです。

今日やらないといけないタスクは巻きで終わらせましょう(^o^)//

早寝のコツ②:朝早く起きる

早寝のコツの2つ目は、朝早く起きることです。

逆説的ですね。

朝起きるのが遅いと睡眠が足りていて、夜になっても眠くならないので朝も早く起きることが大事です。

早寝のコツ③:スマホは持たず布団に入る

早寝のコツの3つ目は、スマホは持たず布団に入ることです。

理由は、スマホを持って布団に入るとYouTubeを見始めてあっという間に夜中になってしまうのでスマホは持たず布団に入ります。

スマホを持たず布団に入るとやることが寝るだけなので、寝れます。

なかなか寝付けなくても「目を閉じて横になっているだけで睡眠と同じくらいの効果がある」ので大丈夫です。

布団に入って寝付けなくても、このことを思い出して焦らず目をつぶってるから大丈夫だと安心してください。

早寝のコツ④:寝る1時間前からスマホやパソコンを見ない

早寝のコツの最後は、寝る1時間前からスマホやパソコンは見ないことです。

スマホやパソコンなどの液晶画面は、ブルーライトが出ていて、見ると興奮して眠れなくなります。

スマホを見ないと暇だと思うので、寝る1時間におすすめなのは読書です。

 

早寝のコツ4つは以上です。

早起きのコツ4つ

早起きのコツ4つ

続いて、早起きのコツを解説します。

早起きのコツ①:早く寝る

逆説的ですが、早起きのコツは、早く寝ることです。

理由は、早く寝ると睡眠が足りているので朝起きやすくなるからです。

反対に、夜寝るのが遅いと睡眠が足りていないので朝はギリギリに起きることしかできません。

早起きのコツ②:アラームをかける

早起きのコツの2つ目は、アラームをかけることです。

理由は、なんとなくぼやっと朝早く起きようと思うのではなく、何時に起きると決めてアラームをかける方が早く起きれます。

早起きのコツ③:何時に起きるかツイッターで宣言する

早起きのコツの3つ目は、何時に起きるかツイッターで宣言することです。

理由は、外部に宣言することで嘘つきになりたくないと思い起きることができます。

私は、本名のツイッターじゃなくて、匿名のツイッターですが「明日何時に起きるか」宣言することで6時に起きられるようになりました。

なので、早起きするためにツイッターで何時に起きるか宣言するのがおすすめです。

早起きのコツ④:早起きして何をするか決めておく

早起きのコツの4つ目は、早起きして何をするか決めておくことです。

理由は、早起きしてもやることがないと起きれませんが、早起きしてやることがあったら目的意識があって起きれるので早起きして何をするか決めておくことが大事です。

私は、早起きしてブログを書いて早く今日のタスクを終わらせるという目的があります。

 

早起きのコツは以上です。

睡眠の質を上げる方法4つ

睡眠の質を上げる方法4つ

早寝早起きができても睡眠の質が低く、眠くて疲れが取れなかったら嫌ですよね。

睡眠の質を上げる方法を解説します。

睡眠の質を上げる方法①:スマホやパソコンを寝る1時間前から見ない

睡眠の質を上げる方法の1つ目は、スマホやパソコンを寝る1時間前から見ないことです。

理由は、スマホやパソコンを寝る前に見ると、ブルーライトの影響で脳が興奮状態になり脳が休まらず睡眠の質が下がります。

なので、睡眠の質を上げるには、スマホやパソコンを寝る1時間前から見ないことです。

また、先ほども説明した通り、寝る1時間前からスマホを見ないと暇なので、読書をするのがおすすめです。

睡眠の質を上げる方法②:運動する

睡眠の質を上げる方法の2つ目は、運動することです。

理由は、運動をすると深い睡眠ができるからです。

軽いジョギングやランニングで30分〜1時間くらいでOKです。

睡眠の質と運動の質は比例します。

睡眠の質を上げる方法③:湯船につかる

睡眠の質を上げる方法の3つ目は、湯船につかることです。

湯船につかるとリラックスした状態で眠れるので睡眠の質が高くなります。

シャワーで済ませている人は、睡眠の質を上げるためにぜひ湯船に入ってみてください。

睡眠の質を上げる方法④:部屋を綺麗にする

睡眠の質を上げる方法の4つ目は、部屋を綺麗にすることです。

散らかった部屋では睡眠の質が下がるという研究結果があるそうですよ。

睡眠の質を高めるために、部屋を綺麗にしてみてください。

 

睡眠の質を上げる方法は以上です。快適な睡眠を。

【まとめ】早寝早起きのコツを解説する

【まとめ】早寝早起きの早寝早起きのコツを解説する

まとめると下記の通りです。

早寝のコツは、

  • 早寝のコツ①:今日のタスクを早く終わらせる
  • 早寝のコツ②:朝早く起きる
  • 早寝のコツ③:スマホは持たず布団に入る
  • 早寝のコツ④:寝る1時間前からスマホやパソコンを見ない

早起きのコツは、

  • 早起きのコツ①:早く寝る
  • 早起きのコツ②:アラームをかける
  • 早起きのコツ③:何時に起きるかツイッターで宣言する
  • 早起きのコツ④:早起きして何をするか決めておく

早寝と早起きはセットです。

睡眠の質を上げる方法は、

  • 睡眠の質を上げる方法①:スマホやパソコンを寝る1時間前から見ない
  • 睡眠の質を上げる方法②:運動する
  • 睡眠の質を上げる方法③:湯船につかる
  • 睡眠の質を上げる方法④:部屋を綺麗にする

どれも早寝早起きをする上で大事なことを解説しました。

紹介したコツを実践して早寝早起きを成功させてみてください。

『スタンフォード式最高の睡眠』

睡眠の本は『スタンフォード式最高の睡眠』が1番おすすめです。

最高の睡眠をしたい人はぜひ読んでみてください。

以上です。