美容

茶髪から地毛に戻すメリット・方法・期間を地毛に戻した私が徹底解説

地毛に戻すメリット3つとおすすめの地毛に戻す方法を解説する
地毛に戻したい人
地毛に戻したい人

あ”ー髪が傷んでてイライラする…。早く全部地毛に戻したい!地毛に戻すメリットや早く地毛に戻す方法や地毛に戻すのにかかる期間を知りたいなぁ…。あと、地毛に戻したいのに、中途半端な状態が耐えられなくて染めそうになっちゃう…。

こういった悩みに答えます。

本記事の内容

  • 地毛に戻すメリット4選
  • 地毛に戻す方法
  • 地毛に戻すのにかかる期間
  • 地毛に戻したいのに染めたくなった時のおすすめの対処法3選

この記事を書いている私は、茶髪から全部地毛に戻しました。

※3分ほどで記事は読み終わります。3分後には、「地毛に戻すメリット・方法・地毛に戻すのにかかる期間・地毛に戻したいのに染めたくなった時の対処法」がわかるはずです。

地毛に戻すメリット4選

地毛に戻すメリット4選

私が茶髪からすべて地毛に戻して感じた「地毛に戻すメリット」は下記の4つです。

  • メリット①:髪の傷みが良くなる
  • メリット②:カラー代・カラーの時間がかからなくなる
  • メリット③:冠婚葬祭の時に楽
  • メリット④:清楚に見える

上記の4つです。順番に解説します。

メリット①:髪の傷みが良くなる

茶髪からすべて地毛に戻すと、髪の傷みが良くなります。

理由は、髪は染めると傷むので、染めてない地毛の方がきれいだからです。

私は茶髪からすべて地毛に戻したら天使の輪が復活しました。

あとは、シャンプーの時にキシキシしなくなったり、日中の手触りが良くなってイライラが減りました。

また、髪の傷みが良くなったので、家での髪のケアや美容院でのトリートメントが必要なくなり、楽になりました。

「地毛に戻して髪がサラサラになるかどうかはその人の髪質による」という意見の人もいるかもしれませんが、染めてる髪より染めてない髪の方が傷んでないはずです。

なので、茶髪からすべて地毛に戻すと、髪の傷みが良くなります。

メリット②:カラー代・カラーの時間がかからなくなる

茶髪からすべて地毛に戻すと、カラー代・カラーの時間がかからなくなります。

理由は、地毛に戻すとプリンにならなくなるからです。

具体的には、美容院でのカラー代はカット代と同じくらいするので、美容院代が半分くらいになります。

また、美容院でカットだけになると、1時間ぐらいで終わるのでとても楽になります。

なので、茶髪から地毛に戻すと、お金も時間もかからなくなります。

メリット③:冠婚葬祭の時に楽

茶髪からすべて地毛に戻すと、冠婚葬祭の時に楽になります。

理由は、冠婚葬祭の時に、明るい茶髪だと浮くからです。

私は急なお葬式の時に、すべて地毛に戻っていたので、髪のことは何も気にせず出席することができました。

また、私は大学生で就活があるのですが、すべて地毛に戻っているので、髪のことは気にせず面接に行くことができます。

なので、茶髪から地毛に戻すと、大事な場面で髪のことを気にしなくていいので楽です。

メリット④:清楚に見える

茶髪からすべて地毛に戻すと、清楚に見えます。

理由は、茶髪より、黒髪の方が清楚に見えるからです。

私は地毛に戻した方が若返ったように見えるし、お嬢様感が出たように感じます。

なので、地毛の方が清楚に見えるのでおすすめです。

地毛に戻す方法

地毛に戻す方法

地毛に戻す方法は下記の通りです。

  • プリンが目立つ人向け:茶髪のところだけ黒染めする
  • プリンが目立たない人向け:そのまま伸ばす
  • 伸びたら切るを繰り返す

上記の感じです。順番に解説します。

プリンが目立つ人向け:茶髪のところだけ黒染めする

プリンが目立つ人(髪が明るい人)は、茶髪のところだけを黒染めをしてから、地毛を伸ばしていくのがおすすめです。

理由は、明らかなプリンで一度も黒染めをしないで伸ばすのはメンタルにくるからです。

また、全体を黒染めするのではなく、茶髪のところだけを黒染めするのは、少しでも早く全部を地毛にするために、今伸びてきている地毛を染めないためです。

私は、プリンが目立っていたので、最初に1回だけ黒染めしてから、地毛に戻しました。

具体的には、美容院で「地毛に戻したいので茶髪のところだけ黒染めしてください」と言いました。

美容師さんには、少しだけ地毛のところも染まっちゃうけど大丈夫か確認されました。

黒染めは美容院でするのがおすすめ

黒染めは市販ので自分でやるのではなく、美容院で黒染めするのがおすすめです。

理由は、市販より美容院でカラーしてもらった方が、ダメージが低いし、色ムラもなくきれいに染めてもらえるからです。

暗く染めるのではなく黒染めがおすすめ

理由は、黒染めでも数ヶ月すると色落ちして茶色くなってきちゃうので、暗く染めるだけだとすぐに茶髪に戻っちゃうからです。

»ホットペッパービューティーで美容院に予約をして黒染めする

プリンが目立たない人向け:そのまま伸ばす

プリンが目立たない人(髪が暗い人)は、黒染めせずそのまま地毛を伸ばしていくのがおすすめです。

理由は、黒染めをすると少し地毛の部分も染めることになるので、黒染めをしない方が早くすべて地毛に戻るからです。

また、これ以上髪を傷めないためにも、プリンがそこまで目立たない人は黒染めせずそのまま伸ばすのがおすすめです。

伸びたら切るを繰り返す

あとは、伸びたら切るを繰り返すだけです。

理由は、伸びたら切った方が早くすべてが地毛になるからです。

私は、一度黒染めしたあと、伸びたら切るを繰り返してすべて地毛に戻しました。

なので、地毛に戻す方法は、伸びたら切るを繰り返すことです。

»ホットペッパービューティーで美容院に予約をして髪を切る

地毛に戻すのにかかる期間

地毛に戻すのにかかる期間

地毛に戻すのにかかる期間は、下記の通りです。

  • ショートヘア:約1年
  • ボブ:約2年
  • ロング:約3年

髪は1ヶ月で約1cm伸びると言われています(1年で約12cm)。

私は、ボブヘアで地毛に戻すのに2年かかりました(髪の伸びる速さは、遅くも早くもないです)。

もちろん髪の長さが短い方が早くすべて地毛に戻るので、短く切れるなら短く切った方が早くすべて地毛に戻せます。

参考にしてみてください。

地毛に戻したいのに染めたくなった時のおすすめの対処法3選

私が地毛に戻している時に、髪を染めたくなった時にやっていた対処法は下記の3つです。

  • 対処法①:髪を切る
  • 対処法②:地毛に戻すメリットを調べて見る
  • 対処法③:髪を染めるのが体に悪いことを調べて見る

上記の3つです。順番に解説します。

対処法①:髪を切る

地毛に戻している時に、髪を染めたくなった時は、髪を切るのがおすすめです。

理由は、髪を染めたくなる時は、髪の傷みが気になったり、プリンが気になった時だと思うので、髪を切るとマシになるからです。

私は髪を染めたくなった時は、髪を切ることで、すっきりして、染めたいという気持ちがなくなりました。

なので、地毛に戻している時に、髪を染めたくなった時は、髪を切るのがおすすめです。

»ホットペッパービューティーで美容院に予約をして髪を切る

対処法②:地毛に戻すメリットを調べて見る

地毛に戻している時に、髪を染めたくなった時は、地毛に戻すメリットを調べて見るのがおすすめです。

理由は、すべて地毛に戻した時のメリットを知ると、染めたいという気持ちを抑えることができるからです。

私は、髪を染めたくなった時は、ネットで「地毛に戻すメリット」や「黒髪のメリット」や「黒髪のかわいい人」を調べて見て、染めたいという気持ちを抑えてすべて地毛に戻すことができました。

なので、地毛に戻している時に、髪を染めたくなった時は、地毛に戻すメリットを調べて見るのがおすすめです。

対処法③:髪を染めるのが体に悪いことを調べて見る

地毛に戻している時に、髪を染めたくなった時は、髪を染めるのが体に悪いことを調べて見るのがおすすめです。

理由は、髪を染めることがどれだけ体に悪いかを知ると、染めたいという気持ちが薄れるからです。

例えば、ヘアカラーは、皮膚障害起こしたり、乳がん細胞を増殖させたりするようです。

なので、地毛に戻している時に、髪を染めたくなった時は、髪を染めるのが体に悪いことを調べて見るのがおすすめです。

【まとめ】茶髪から地毛に戻すメリット・方法・期間を地毛に戻した私が徹底解説

まとめると、

地毛に戻すメリットは、

  • メリット①:髪の傷みが良くなる
  • メリット②:カラー代・カラーの時間がかからなくなる
  • メリット③:冠婚葬祭の時に楽
  • メリット④:清楚に見える

地毛に戻す方法は、

  • プリンが目立つ人向け:茶髪のところだけ黒染めする
  • プリンが目立たない人向け:そのまま伸ばす
  • 伸びたら切るを繰り返す

地毛に戻すのにかかる期間は、

  • ショートヘア:約1年
  • ボブ:約2年
  • ロング:約3年

私はボブで2年かかりました。

私が地毛に戻している時に、髪を染めたくなった時にやっていた対処法は、

  • 対処法①:髪を切る
  • 対処法②:地毛に戻すメリットを調べて見る
  • 対処法③:髪を染めるのが体に悪いことを調べて見る

こんな感じです。

すべて地毛に戻すと本当に楽だし、体にもいいし、天国なのでおすすめです(*´∇`*)

以上です。

本記事に納得していただけたら、ぜひ「」もセットでご覧ください。