雑記

「箱根湯本温泉 天成園」に日帰りで行ってきた!

箱根湯本温泉「天成園」に日帰りで1人で行ってきたレビュー

温泉が好きな人「箱根にある天成園ってどんな温泉なんだろう。行ってみたいなあ。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 箱根湯本温泉「天成園」に日帰りで1人で行ってきたレビュー

この記事を書いている私は、先日、神奈川県の箱根にある温泉「天成園」に日帰りで行ってきました。

※3分ほどで記事は読み終わります。3分後には、「天成園」がどんな温泉なのかわかるはずです。

箱根湯本温泉「天成園」に日帰りで1人で行ってきたレビュー

箱根湯本温泉「天成園」に日帰りで1人で行ってきたレビュー

神奈川県ランキング1位の温泉「天成園」に日帰りで1人で行ってきました。とても癒されることができました。

»「天成園」公式サイト

天成園 アクセス

天成園 アクセス

天成園は、神奈川県の箱根湯本駅から歩いて15分。

住所は、神奈川県足柄下郡箱根町湯本682

歩いて行くのがおすすめ

最寄りの箱根湯本駅からは、100円でシャトルバスも出ていますが歩いて行くのがおすすめです。

駅を出てすぐのお土産街も楽しいですし、須雲川づたいを川と山を見ながら歩くと心が癒されるからです。

天成園 日帰り 料金

天成園 日帰り 料金

天成園の日帰りの料金は、大人2300円(税別)です。(2019年10月25日現在)

※入湯税50円が別途掛かります。

天成園では、入館料に、バスタオルとハンドタオルと浴衣の貸出が含まれています。

※洗い場にはシャンプーやコンディショナーやボディソープもあるので、手ぶらで行くことができます。

天成園 浴衣

天成園 浴衣

浴衣の色は、自分で好きな色の浴衣を選ぶことができます。女性用のは、赤やピンク、黄緑、紺に紫のお花などがありました。

私は赤色にしました。とてもかわいい浴衣でした。

天成園 金のエレベーター

天成園 金のエレベーター 

高級感ある金のエレベーターが圧巻でした。

6階が女性のお風呂、7階が男性のお風呂でした。

天成園 温泉

扉を開けた瞬間、本物の温泉のいい香りがしました。

天成園は源泉の温泉なので、黒色だったり、白色だったりするのかと思ったら、透明で綺麗な温泉でした。

天成園 露天風呂

1番魅力的だったのは、外の「露天風呂」です。

高さ6階で、目の前が山なので、青い空と緑の山を見ながら入れる極上の温泉でした。

都会の温泉のように、高くまで塀で囲わなくていいので、自然と一緒に楽しめます。

天成園の露天風呂に入れば、時間の流れがゆっくりに感じられるはずです。

私は、戦国時代にタイムスリップしたような感じがしました。

天成園 食事

天成園 お食事 画像

天成園の食事は、館内2階にある「お食事処 兼 無料休憩所「憩い処」」で食べることができます。

畳なので落ち着くことができます。

メニューは、刺身や寿司、ラーメン、天ぷら、そばなどがありました。

天成園 天ざるそば

私は天ざるそばを食べました。

美味しかったですが、温泉の後はもう少し味が濃い味が食べたいと思ったので、次はラーメンを食べたいです。

天成園 庭園

天成園 庭園

天成園には、浴衣を着て散策できる庭園があります。

天成園 縁結び

天成園 縁結び

天成園の庭園に、縁結びの神社と言われている玉簾(たまだれ)神社がありました。

天成園 足湯

天成園の庭園に足湯があります。

温かくて気持ちよかったです。

天成園 パワースポット

天成園 パワースポット 

天成園の庭園に、パワースポットと言われている玉簾(たまだれ)の滝があります。

石を渡ると、滝を近くで見ることができます。

天成園 延命の水

天成園 延命の水 

天成園の庭園には、玉簾(たまだれ)の湧き水という延命の水があります。

飲むことができます。

2口飲んじゃいました!

天成園 お土産

天成園 お土産

天成園には、館内にも庭園にもお土産コーナーがあります。

私は、庭園で「夢叶守」を買いました。

太陽に当たって、キラキラしていたのに惹かれました。

ようこそ天成園へ

箱根にある「天成園」は、都会から離れて非日常を感じられる幸せの温泉でした。

特に、開放感溢れる露天風呂に入って、時間の進み方がゆっくりなのを感じてみてほしいです。

次は日帰りじゃなくて泊まりで行きたくなりました。

浴衣を着て生活できるのが楽しかったです。

天成園で非日常を感じてみてください\(^o^)/

以上です。